どうして抜け毛が増えるの?原因は1つじゃない

男性の画像
薄毛になってしまうのは、90%の割合でAGAが原因だと言われています。

AGAの発症率は、20代で10%、30代で20%、40代で30%、50代で40%と年齢とともに増えていくのです。

しかし、抜け毛が増えてしまう要因はAGA以外にも考えられます。薄毛になったすべての男性がAGAというわけではないので、ほかの可能性を探ってみる必要があるのです。

症状や原因に合わせて正しい治療をするのが、根本的な解決を目指す近道になります。ここでは、さまざま抜け毛の原因について掘り下げていきます。

まずはAGAについて知ろう

AGAかどうかを確かめるには、自身の症状と照らし合わせるのが一番です。特徴として挙げられるのは、前頭部から薄くなるM字ハゲや頭頂部を中心に薄くなるO字ハゲ。

どうしてこのような症状が見られるのでしょうか。AGAには、男性ホルモンが深く関係しています。
<毛が抜けるメカニズム>
抜け毛を促すのは、DHTという脱毛ホルモン。男性の体内で分泌されている男性ホルモン・テストステロンと、5αリダクターゼという酵素が結びつくとDHTに変化します。DHTは、「毛よ抜けろ!」と指令を出すやっかいなホルモン。

頭皮の前頭部と頭頂部に分布している5αリダクターゼが活発になることで、DHTに変わりM字ハゲやO字ハゲを招いてしまうのです。

AGAは遺伝する?

AGAは、遺伝すると言われています。ハゲやすい体質が親から子へ受け継がれると、同じように薄毛になりやすいのです。

ハゲやすい人の特徴は2つあります。
・5αリダクターゼの活性が高い人
・アンドロレセプターの感受性が強い人

5αリダクターゼが活発的だと、脱毛を促すホルモン・DHTを生成しやすくなるのです。またアンドロレセプターの感受性が強いと、毛母細胞の働きを弱めて髪の成長を妨げてしまいます。

AGA以外の脱毛症とは

AGA以外にも、脱毛症があるって知っていましたか?もしかしたら聞き覚えがある人がいるかもしれませんが、円形脱毛症や脂漏性脱毛症でも抜け毛の症状が見られます。それぞれの特徴を理解して、AGAとの違いについて理解しましょう。

<円形脱毛症>
円形脱毛症になると、突然円形状に毛が抜けてしまいます。急に抜ける、脱毛斑が見られるというのがポイントです。脱毛斑は円形状のハゲで、髪が生えている部分との境界がはっきりしています。

また円形脱毛症になると、爪に小さな凹凸が現れるケースもあります。

円形脱毛症になる原因は、自己免疫疾患という説が有力です。自己免疫疾患とは、本来なら外から体内に侵入してきた異物を排除する免疫機能が、自身の細胞やタンパク質を攻撃してしまう病気です。

自己免疫疾患説によると、Tリンパ球が毛根を異物と判断して攻撃してしまうため、元気な毛髪でも抜けてしまいます。

<脂漏性(しろうせい)脱毛症>
脂漏性は、皮膚の炎症が原因で起こる脱毛症です。そのため脱毛症状のほかに、頭皮の赤みや痒みといった皮膚症状が現れるのです。人によって、頭皮だけでなくワキや首など皮脂や汗の分泌が多い箇所に皮膚症状が現れる場合もあります。

脂漏性脱毛症の原因は、生活環境による毛穴の詰まりが原因だと報告されています。脂っこい食事を摂りすぎると、皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まってしまうのです。

またタバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させるので血流を悪くします。血流が悪いと、肌の代謝機能が乱れて老廃物が毛穴に溜まりやすくなるんです。毛穴が汚れると皮膚が炎症を起こして、脂漏性脱毛症を招いてしまいます。

いかがでしたか?毛が抜ける症状には、さまざま原因が考えられます。「育毛力を上げたい!」と思うなら、引き金となっているものに合わせて対処してあげましょう。

AGAが要因ならAGA治療薬、AGA以外の抜け毛なら生活習慣を見直すのも大切です。円形脱毛症の場合は、皮膚科で相談してみてください。