薬の保管方法に注意!AGAの薬が女性に与える影響について

男性の画像

AGAは男性脱毛症という名前の通り、女性が発症する疾患ではありません。

しかし、薄毛に悩まされるのは男性だけではないのです。女性が薄毛になってしまった場合、AGAのお薬を飲んでも良いのでしょうか。

ここでは、AGAの薬が女性にもたらす影響について解説していきます。内容を理解して、誤った服用は避けるようにしてください。

女性がプロペシアやザガーロを飲むのは危険?

プロペシアやザガーロは、男性ホルモンに作用するお薬。もし女性が服用してしまうと、ホルモンのバランスが乱れる可能性があるのです。

ホルモンバランスが乱れると、頭痛や吐き気といった体調不良を引き起こしかねません。場合によっては、抜け毛が増えて薄毛を悪化させてしまうリスクもあるのです。

つまり、女性がプロペシアやザガーロを飲むのは適していません。

 

妊婦に与える影響とは

妊婦さんは特に、プロペシアやザガーロとの接触を避けなければいけません。男児を宿しているときに薬の成分が体内に入ると、赤ちゃんの生殖器の発達を妨げる危険性があるのです。

具体的にいうと、薬の作用により胎児の生殖器を分化してしまうリスクが挙げられています。

元気な赤ちゃんを育むために、妊婦さんの服用は絶対に禁止です。

男性が服用している場合のセックス

夫や恋人がプロペシアやザガーロを服用している際、セックスをするのは大丈夫なのでしょうか。臨床実験の結果によると、精液を介して薬の成分が女性に悪影響を与えることはないと報告されています。

また薬の作用が精子に悪い刺激を与えるという例も挙げられていないため、男性が服用する上での心配はありません。

 

女性は触るだけで危険

男性が服用して、女性に悪い影響が出る可能性は低いとされています。ただし女性が誤って砕けた薬に触れてしまうと、皮膚から成分が吸収されてしまいます。

通常であれば、薬はコーティングされています。その薬が何らかの原因で砕けたり粉々になっている場合、皮膚から成分を取り込んでしまうのです。
 
もし妊活をしているなら、女性が触れるリスクを考えて薬の管理を徹底しなけれがいけません。

AGAの薬を保管する方法

AGAの薬を女性が触れないようにするには、お薬をケースに入れて保管するのがオススメ。ちょっとした衝撃が加わっても、すぐに開かないタイプの入れ物を選びましょう。

「念には念を入れたい!」という男性なら、お薬自体を透明な袋に入れてさらにケースの中へ収めるのも良しです。

お薬ケースには、中身が一目で分かるように名前や薬名を記しておいてください。誤って自分以外の人が触らないように、工夫するのが大切です。

女性でも飲める!薄毛に効くお薬

薄毛で困っている女性は、どうすれば良いのでしょうか。実は、男女問わず利用できるAGAのお薬があります。

ミノキシジル配合の塗り薬なら、女性でも利用可能なのです。塗るタイプのミノキシジルを頭皮に塗布すると、血行を促進して発毛力アップを目指せます。

「ミノキシジル 女性」と検索すれば、商品をすぐに見つけられるはずです。

服用中の注意点

女性が塗るミノキシジルを使う場合、成分の配合量は1%までと決められています。高濃度の成分は、副作用のリスクを高めてしまうので危険。「女性用」と記載されている、ミノキシジル1%の商品を選ぶようにしてください。

また妊婦は、塗るミノキシジルを使用できません。その理由は、安全性が十分に確保されていないからです。妊婦だけでなく、授乳中のママも使用を避けてください。

搾乳中のママが塗るミノキシジルを使うと、成分が母乳を通して胎児へと流れ込んでしまうのです。

<まとめ>
妊活中の男女や妊婦、妻や恋人のいる男性は、基本的にAGA治療薬の服用を避けるのが正解。パートナーや胎児、自身の健康を一番に考えて服用するべきかどうか判断するようにしましょう。