どれが自分に合っているか分からない?AGA治療薬一覧を確認せよ

男性の画像

日本人男性の5人にひとりは、AGA(男性脱毛症)だと言われています。

「髪のボリュームが減った」「枕もとに抜けた毛が散乱している」と、抜け毛や薄毛に悩む男性が多いのです。もしあなたもAGAの自覚があるなら、治療薬を飲んで薄毛を改善しませんか。

ここでは自分に合ったお薬を選ぶために、代表的なAGA治療薬を紹介していきます。

AGA治療薬とは

AGA治療薬とは、名前の通りAGAに効くお薬です。薬のタイプには、抜け毛を減らす、発毛力を促すの2つがあります。髪が薄くなったな…と感じるなら、AGA治療薬を使って効果的に育毛をしていくのが大切なのです。

AGA治療薬って本当に効くの?、と思うかも人がいるかもしれません。もちろん効果の現れ方には個人差がありますが、目で見て分かるくらい「増毛した」と実感できるのです。

ただし服用を始めてから、すぐに薄毛が改善できるわけではありません。髪の成長には時間がかかるので、半年ほど服用を続けて様子を見ていきましょう。

初めてのAGA治療薬にプロペシア

世界初のAGA治療薬は、プロペシアです。プロペシアを飲むと、有効成分・フィナステリドの働きにより抜け毛を防ぎます。脱毛を抑制すると、抜けずに済んだ毛がしっかりと成長するので薄毛防止に役立つのです。

有効成分・フィナステリドは、脱毛ホルモン・DHTを作るのに関わっている5αリダクターゼという酵素の働きを抑えます。5αリダクターゼを抑制→DHTが作られない→毛が抜けないという仕組みです。

発毛力アップに役立つのは飲むミノキシジル

ミノキシジルの飲み薬は、発毛を促す作用があります。ミノキシジルといえば、塗り薬をイメージする男性も少なくないでしょう。塗り薬だと皮膚から作用しますが、飲み薬は身体の内側から効いてきてくれるのです。

ミノキシジルの主な特徴は、血行促進作用。服用すると、毛母細胞に直接働きかけて血流を改善します。血の巡りが良くなると、頭皮にしっかりと栄養が運ばれるようになるので健康な毛髪が育ちやすくなるのです。

最新のお薬!ザガーロは広範囲に作用する

ザガーロは、2015年に承認された比較的新しいAGA治療薬です。ザガーロの有効成分・デュタステリドは、5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型の両方に作用します。

<5αリダクターゼ>
5αリダクターゼのⅠ型は、頭皮、ヒゲ、ワキの毛乳頭に分布。Ⅱ型は、前頭部から頭頂部の毛乳頭細胞に分布しています。

脱毛を促すホルモンDHTは、男性ホルモンと5αリダクターゼの結合により生成されているのです。

プロペシアはⅡ型にのみ作用するのに対し、ザガーロはⅠ型にも効きます。つまり、ザガーロは広範囲のハゲにも効果を発揮する優秀なお薬なのです。

治療薬を安く入手したい!

AGAの治療薬は、健康保険が適用されません。全額自己負担なので、薬代が高く感じてしまうのではないでしょうか。

それぞれの価格を紹介していきます。
プロペシア→約8,000円(1mg×28錠)
ザガーロ→約10,000円(0.5mg×30錠)
飲むミノキシジル→国内での取り扱いなし

こちらは、およそ一ヶ月分で使いきれる量です。AGAの治療には時間がかかるので、毎月の出費が増えるのは避けたいですよね。そこでオススメなのが、海外通販でジェネリック医薬品を購入するという選択です。

海外ジェネリック医薬品なら、低価格でお薬を手に入れられます。さらに、国内では販売されていないミノキシジルタブレットも購入可能なのです。

以下3つのお薬に目を通してみてください。

<フィンペシア>
プロペシアのジェネリック医薬品
有効成分:フィナステリド
価格:30錠(1mg)・・・約1,340円

<ミノタブ>
有効成分:ミノキシジル
価格:100錠(2.5mg)・・・約3,390

<デッタステロン>
ザガーロのジェネリック医薬品
有効成分:デュタステリド
価格:30錠(0.5mg)・・・約2,690円

海外ジェネリックは、先発薬の半分以下の値段で販売されています。また有効成分は先発薬と同じなので、薄毛改善に役立つ効果がしっかりと得られるのです。「月々の出費を抑えて、ハゲを克服したい!」と思うなら、海外通販でAGA治療薬を買ってみてください。